幼稚園児の熱中症予防には、「熱中症予防情報メール」に登録を

熱中症
スポンサーリンク

待ちに待った夏休みシーズン。

年少さんにとっては初めての長期休暇、年中さん・年長さんにとっては何度迎えても楽しい夏休みということで、海へ山へと楽しい計画を立てているご家族も多いのではないでしょうか。

野外のレジャーで怖いのが熱中症です。

適時の給水や休憩など、先生たちの管理や目が行き届いた幼稚園とは違って、お休みの間はおうちで子どもたちの体調管理を徹底しなければいけません。

この記事では、夏休み中に子どもたちの熱中症予防に役立つ情報サイトと、そこで登録できる便利なメール配信サービスについてご紹介します。

 

環境省の「熱中症予防情報サイト」

環境省が運営する「熱中症予防情報サイト」というサイトをご存知ですか?

http://www.wbgt.env.go.jp/

このサイトでは、大人または子どもが実感する暑さのギャップや、駐車場や住宅地などで気温がとくに変化するといわれている場所ごとのリアルタイムの実況と今後の予想が公表されています。

ニュースなどで聞いたことがおありの方も多いかと思いますが、

暑さの単位は「暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)」といいます。

これは気温や湿度、気流、日射・輻射など、いわゆる「暑さ」を決定する周辺の熱環境の要因をふまえて、気象庁の資料をベースにして推計される指数です。

この情報サイトでは、熱中症の危険について学んだり、「暑さ指数」をリアルタイムで確認できたりします。

「暑さ指数」によって異なる危険度

「暑さ指数」によって熱中症になる危険度が階数化されています(気温と単位は同じ℃ですが、前述した通りさまざまな要素が反映された数値となっています)。

スポンサーリンク

 

25℃未満=「注意」

25~28℃=「警戒」

28~31℃=「厳重警戒」

31℃以上=「危険」

 

子どもは地面の照り返しをより強く受けてしまうせいで、暑さの実感の仕方は大人より10℃程度も高くなる可能性があるそうです。

さらに子どもは熱の調整機能がまだ未発達であるため、大人よりもたやすく、短時間で熱中症になる可能性があります。幼稚園児にとって、熱中症の予防と対策は夏の最重要課題の一つなのです。

同サイトでは、全国の地域別の「暑さ指数」の実測データや翌日・翌々日の予測を天気予報のように確認することができます。

外出するかどうかの判断や、持ち物を考える上で大変参考になるデータですので、ぜひチェックしてみてください。夏休みの帰省など、旅行中もしっかりと確認しておくと安心ですね。

 

「熱中症予防情報メール」に登録を!

同サイトでは、「暑さ指数」の実況と予測が地域別に届く無料のサービス「熱中症予防情報メール」が実施されています。これがとても便利ですので、ぜひ登録してみてください。

http://www.wbgt.env.go.jp/data_service.php

なお、メールシステムは毎年4月~9月限定のワンシーズンかぎりのサービスとなっていますので、たとえ登録しても年中だらだらとメールがくることもありません。

正しい情報をリアルタイムでゲットして、お子さんの熱中症を阻止してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です