幼稚園願書の写真撮影のポイントは? コンビニ連携の便利なサービスも登場

カメラを構える子ども
スポンサーリンク

幼稚園の願書に、写真を貼らなければいけない場合があります。

スナップ写真可の幼稚園から、背景やお洋服の色の指定まである幼稚園まで。

園によって大きく異なるのが幼稚園の願書用の写真。大人用ならセオリーがあるけど、さて幼稚園の願書では?

この記事では、幼稚園の願書に貼る写真の基本的なマナー、そして最新の便利な写真サービスを紹介いたします。

 

幼稚園の願書写真の基礎知識

さて、最初に写真を撮る上で確認しておきたいポイントを一つずつ見ていきましょう。

幼稚園の願書写真は願書のどこに貼る?

まずは、幼稚園から配布された「願書」または多くの園で同時に配布される「注意事項」や「記入例」などを確認してみてください。

幼稚園の出願用の写真は、じつは願書そのものに貼る場合はそんなに多くありません。

TK-Mama家が願書をもらってきたor出願した幼稚園では、すべてのケースで生活調査票や別紙の写真用紙(家族の名前を記入し、その写真を貼る)に写真を貼るようになっていました。

幼稚園の願書写真のサイズは?

願書の注意事項には、「○cm×○cmの写真を貼付」という具合に写真のサイズが指定されています。一人だけ大きすぎる(小さすぎる)写真を貼ってしまうのを避けるためにも、もし写真のサイズが指定されていない場合は、幼稚園に問い合わせてみてください。

通常、子ども本人の写真の場合ですと、3cm×4cmの証明写真サイズの写真を要求されることが多いようです。

パパ・ママ・兄弟といっしょに撮らなくてはいけない場合には、もっと大きな写真(サイズは任意のことが多い)でも大丈夫ですよ。

幼稚園の願書写真の服装は?

普段より少しだけかしこまったお洋服で撮ったという話をよく聞きます。お出かけ用のワンピースなどですね。普段着のTシャツとかで撮ったという話はあまり聞きません(笑)

小学校だと紺色が規定カラーというイメージがありますが、幼稚園の願書でそこまでがっちりこだわっている人はあまりいないようです。

同じマンションのママ友のおうちは幼稚園お受験組ですが、ふんぱつしてファミリアの勝負ワンピースは着せるけど、色はうすめのピンクにしたということでした。こちらの幼稚園ではかなりフォーマルな面接がありますので、願書の写真でも園のカラーに合わせた服装をというわけです。

反対に、願書写真で避けてほしいのは真っ白(純白)や原色系のお洋服です

あまりいないとは思いますが、真っ白な服というのは写真にすると、着ている本人より目立ってしまうんですよね。

写真の主役はあくまでお子さん(家族)ですので、自然に視線が人物に向かうように、白色や、真っ赤・真紫などはっきりすぎる色のお洋服は避けましょう。

また、目立つヘアアクセサリなどもやめておいた方が無難です。

幼稚園の願書写真の背景は?

おうちで撮る場合、幼稚園の願書の写真は、白かグレーの壁の前で撮りましょう。町の写真屋さんをイメージしていただければわかると思います。だいたい白っぽいグレーですよね。

マンションでも一戸建てのおうちでも、白っぽい壁紙のお部屋は一つはあるのではないでしょうか。そこを背景にして、子ども(家族)を立たせて写真を撮ればバッチリ。後述する写真屋さんでの撮影と迷いましたが、うちでは長女の時も長男の時も、結局おうちの壁をバックにして写真を撮りましたよ。

もしご家庭に白orグレーの壁紙のお部屋がなければ、白い大きめのポスターを裏返して壁に貼ったり、大きめの模造紙を貼ったりしてピンチヒッターとして利用するという奥の手も。

スポンサーリンク

幼稚園の願書写真の照明は?

室内で写真を撮る場合は、お部屋の電気をすべてつけて明るい状態で撮りましょう。間接照明などは×!

 

幼稚園の願書用には証明写真を撮れば間違いないけど・・・

幼稚園の願書に添付する写真は、指定がなければ、証明写真を貼った方がいいかもしれません。履歴書に写真を貼るのと、同じ感覚ですね。

でも撮影時、お子さんはまだ2歳~3歳です。客観的に考えてみて、2歳~3歳の子どもが証明写真スタンドで写真を撮ろうとしても、うまくいかないことが当たり前です。

子どもの証明写真をうまく撮ってくれるのは、やはりいわゆる写真屋さん、写真スタジオならではです。写真スタジオのスタッフは、写真のプロ。愛らしく賢げな表情なども引き立ててくれて、とてもキレイな証明写真を撮影してくれますよ。

幼稚園の願書にきちんと感のある証明写真を貼り付けたい場合には、写真スタジオに行くことをおすすめいたします。

ただ、幼稚園によっては、「スナップ写真でも構いません」という場合もあります(長女・長男が入園した幼稚園はこのケースでした)。このような場合は、スナップ写真を貼っても問題ありませんので上記のポイントをふまえて、パパ・ママの手ですてきな写真を撮ってあげてくださいね。

ただ「食べている写真」「寝癖で乱れている写真」「風呂上りのパジャマの写真」など、願書に似つかわしくない写真は避けるべきでしょう。

親にとってはどれだけ可愛いとっておきの一枚であろうが、あくまで願書は公式の書類ということを忘れずに!

 

幼稚園の願書写真にも使える便利なプリントサービス

最近発見して、「長男の時に使いたかった~!」と思ったのがこちらのプリントサービス(回し者じゃないです^^;)。

ピクチャンのコンビニ証明写真

スマホでとった証明写真(風の写真)やスナップ写真が、低価格(200円)で全国のコンビニでプリントできるんです。写真スタジオって、できあがりはいいんですが、けっこうお高いですよね。そこまではいいか・・・と妥協しているママは多いような気がする。これ普及するかな~?

ネットでは、こんな感想が見られました。

これから願書を準備するご家庭は、一度検討してみてもいいかも?

 

まとめ

まずは、配布された「願書」や「注意事項」を確認してみてください。ほとんどの場合は、「サイズ」「証明写真」「スナップ写真OK」など、貼り付ける写真の条件が書かれているはずです。

ご家庭で撮るスナップ写真でもポイントを守ればかなりキレイに撮れますが、「プロに最高の写真を撮ってもらいたい!」という場合は、思い切って写真スタジオに行くのもアリ。まだ、2歳~3歳の段階ですと、なかなか証明写真スタンドではうまく撮れないですからね。

願書の写真はお子さんの大事な出願の「顔」です。提出間際になってバタバタしないように、時間には余裕をもってすてきなお写真を撮られてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です