子供に「ハロウィンって何?」と聞かれた時に披露すべきハロウィン豆知識

ハロウィンかぼちゃ
スポンサーリンク

近年ますます盛り上がりを見せているハロウィン。

世間では認知されてきたとはいえ、ママ&パパ世代にはまだまだなじみの薄いイベントでもあります。

子どもに聞かれても困らない、知っておきたいハロウィン情報をまとめてみました。

 

2017年のハロウィンはいつ?

10月31日の火曜日です。ハロウィンの日は決まって、毎年「10月31日」です。だから曜日は毎年変わりますが、日にちはいっしょなんですね。

 

ハロウィンの起源

ハロウィンは、古代ケルト人の秋の収穫祭が起源とされ、古代ケルト暦では10月31日が1年の終わりの日だったそうです。この日は、あの世とこの世の境目がなくなり、先祖の霊や悪い霊がやってくると信じられていて、悪霊を追い払う意味のあるお祭りだったとか。

現在では、キリスト教の祝日、11月1日の「諸聖人の日」の前夜祭として知られていますが、キリスト教とはじつはまったく関係がないお祭りなんですね。

むしろ、時代が時代であれば異教の祭りとして迫害の対象とされていたものです。今でも、カトリックなどのキリスト教会では公式には決して祝われることのない異質な祭りですが、時代に合わせてゆるーく受容されているようですね。

なにせ、キリスト教会主催のトリック・オア・トリートなんてのも、あるくらいですから!

 

子どもにハロウィンを何と説明する?

ハロウィンは、大昔にケルトと呼ばれた人々が秋の収穫を祝って、悪霊を追い払っていたお祭りです。少しむずかしいようですが、ようは日本の秋まつりやお盆とそんなに変わらないんですよね。子どもたちが知っている日本の行事を連想させると、伝わりやすいかもしれません。

こんな説明はどうでしょう?

「ハロウィンは、お月見と同じように、たくさんできた食べものに感謝して、みんなでお祝いする外国のお祭りだよ。それからこの日は、お盆と同じように、ご先祖さまが戻ってくる日でもあるんだって。

でも、悪いオバケもいっしょに戻ってきちゃうこともあるから、連れて行かれないようにオバケみたいな変なカッコをしたり、たき火をしたりして、悪いオバケを追い払うことにしたんだって。だから、ハロウィンではみんなでへんてこなお洋服を着るんだね~。

ハロウィンでは、いい子はお菓子をもらえるんだよ。

お菓子をもらうには合いことばがあるから、覚えてね。はい、トリック・オア・トリート!」

もちろん、英語部分は「トゥリック・オア・トゥリート」みたいに、厚切りジェイソン的な感じでお願いします(笑)

もう少し小さい子には、

「みんなでオバケのカッコをしたり、ぴかぴか光るカボチャのランタンをつくったりして、わる~いオバケが来ないようにするんだよ。それから、トリック・オア・トリートって言って、お菓子をもらいに行くんだよ」

くらいで良いかもしれません。

 

幼稚園ではどんなイベントをする?

仮装してハロウィンパーティー、ハロウィンの絵本の読み聞かせ、かぼちゃのランタンづくり、ゲーム大会など、幼稚園によっていろいろなイベントがあるようです。

給食にハロウィンのキャラクターや、カボチャのおやつが出てくることも。降園後、保護者主催でハロウィンパーティーをしている幼稚園もあります。

園児たちが仮装して老人ホームを訪問したり、未就学児を幼稚園に招待したり、地域の人たちとの交流の機会にしている幼稚園もあるようですよ。

 

トリック・オア・トリートのマナーとは?

トリック・オア・トリートとは、「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ」という意味です。お菓子のことは、「トリート」といいます。

なので、子どもが大人に「トリック・オア・トリート」と、大人は「ハッピーハロウィン」「トリートよ!」と言って、お菓子を渡すのがマナーです。せっかくですので、子どもをさらに盛り上げるためにも覚えてくださいね。

スポンサーリンク

 

ジャック・オ・ランタンの起源と伝承

ハロウィンといえば、かぼちゃのおばけジャック・オ・ランタン。オレンジ色のかぼちゃの顔に、黒くくり抜かれた目鼻口が不気味でユーモラスですね。

欧米ではハロウィン前になると市場で生の大きなかぼちゃ(食用でない)を買ってきて、家庭でカービング(くり抜き)するのが家族の楽しい恒例行事です。

さて、ジャック・オ・ランタンの起源は何でしょう? じつはこんな伝承があります。

 

ジャック・オ・ランタンは哀れな死者の魂・・・。
生前に神の意にそむいて堕落した生活にふけったある男の魂が、
死後天国への扉をとざされてしまう。
男はしかたなく悪魔からもらった石炭に火を灯し、
自分と同じようにしなびて地面に転がっていたカブをくり抜いたランタンに入れて、
この世を永久に彷徨っているのだ・・・。

 

・・・なんだか、ちょっとゾッとしませんか?

怖がるといけませんので、子どもに説明するときは「かぼちゃのオバケだよ☆」とライトめにさくっと説明しちゃいましょう(笑)

ハロウィン前に、親子でジャック・オ・ランタンのカービングをするのもオススメです。
玄関先にでも飾れば、仮装とはまたひと味違ったハロウィンが楽しめるというもの。

↓なお、カービングするには、こんな材料や道具を使います(クリックするとショップで見られます)。


 

まとめ

幼稚園でもハロウィンのイベントをするところが増えているので、先生からハロウィンについて教えてもらっているかもしれません。

それでも、ママ&パパとしては、聞かれたらしっかり答えてあげたいですよね。現に、わが家ではさっそく意味を聞かれましたよ。

意味を知って参加すれば、子どもたちも、もっと楽しいはず。ハロウィンの豆知識、どうかお役に立ちますように。

関連記事:
ハロウィンを子どもと楽しもう!首都圏のハロウィンイベント5選
子供の喜ぶハロウィン衣装 幼稚園児にはどのキャラクターが人気?
幼稚園児といっしょに作るハロウィンのディスプレイと工作10選

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です