幼稚園の2歳児受け入れ制度の続報と解説 安全面確保に難あり?

おもちゃで遊ぶ幼児
スポンサーリンク

TK-Mamaの幼稚園ニュースです。こんな記事を読みました。

幼稚園で2歳児受け入れ 長時間の「一時預かり」枠新設 待機児童解消へ文科省など認可方針(2017年9月18日産経ニュース)

以前もこのサイトでお伝えした、来年度から幼稚園で2歳児を受け入れるという政府方針についての続報がでてきましたね。

この記事では、内容の要約と解説をしていたいと思います。

未就園児をお持ちのパパ・ママは要チェックですよ!

新制度の概要と解説

・新制度では幼稚園でも保育園同様に、2歳児を1日に8時間ほど預かる
・夏休みなどの長期休暇でも預かれるようにする
・3歳になったらそのまま幼稚園の正課+預かり保育で1日に8時間保育をキープできるようにする
・2歳児の保育料は、保育園などと同程度になる予定
・2歳児保育に必要な人材確保のための補助金を国が出す
・2歳児保育に乗り出す幼稚園には人員配置の基準をゆるめて、多数の人材確保をせずにすむようにする

これまでおーるあばうと幼稚園でもお伝えしてきたこのニュースですが、

続報がでてきたおかげで、だいぶ色々わかってきましたね。

(前記事はこちらをご覧ください↓)

2歳児を幼稚園に受け入れ検討 幼稚園と保護者が一斉非難のワケ

これまで保育時間に関しては詳細がわかっていませんでした。

「一日8時間保育」がはっきり明言されているのは、働きたくて保育先を必死に探している保護者にはかなりの朗報ではないでしょうか。

しかも、継続して幼稚園の正課も受けられることになりますので、「認定こども園に移行して保育コースと幼稚園コースを明確に分けている幼稚園」よりも、幼稚園という教育施設自体のメリットを受けやすいかもしれません。

子どもたちが就園児年齢になるまで保育園の一時保育でしのいでいた経験上、たとえば千葉県ですと、

2歳児の保育料は認可園で1時間500円程度、認可外ですと1時間700円~900円程度

のところが多いです。

おそらく、幼稚園での2歳児一時保育の利用料金もその範囲内になるかと考えられます。

たとえば保育園だと、月極で一時保育を利用する保護者には各自治体から月額いくらかの補助金が給付されますよね。

そのような補助金が新制度の幼稚園でも適用されるのかどうか気になるところです。

また補助金が出るとはいえ、まったく違う保育形態を開業することは幼稚園にとって非常に負担になってきます。

幼稚園側にも、業態変更時だけではなく、継続的な補助がないと経営的にもノウハウ的にも厳しいのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

保育園との合同ワークショップを行うなど、交流によって保育レベルを高めていくなどの工夫が求められるかもしれません。

TK-Mamaの疑問。人員配置の基準はゆるめていいのか!?

私が一番気になったのは、概要の最後に書いた「人員配置の基準をゆるめる」という項目です。

これは何のためですか?と大声で聞いてみたい。

幼稚園を待機児童の受け皿のキーにしたいのはわかります。

でも門戸を広げたいがために、人員配置基準という、あきらかに子どもたちの安全面につながる部分をおろそかにするのはどうなんでしょう。

現在、1~2歳児の保育に必要な保育士の数は園児5~6人につき1人で運用されています

この枠組みを緩和するということでしょうか?

本当に?

2017年8月に埼玉の保育園で起こったプール事故(保育士が目を離したすきにプールでおぼれた)で痛ましくも亡くなったのは4歳の女の子でした。

2016年11月に福岡県で、園庭の排水溝から頭が抜けなくなって重体になったのは1歳7ヶ月の男の子でした(のちに意識回復)。

どちらも、絶対に忘れてはならない事故です。

これまで大量の2歳児を受け入れたことのない幼稚園で、新しい仕組み・ノウハウ作りが業務と並行的に行われているような現場で、子どもたちの安全のよすがとなる保育士の人員を削ってもいいってどういうことですか?(怒)

私TK-Mamaは基本的に、来年からはじまる幼稚園での2歳児受け入れ制度には賛成です。

でも、こういった安全面に直結する部分を軽視するのは本当に許せないのです。

親を含め、大人たちの都合に合わせるために、子どもたちの安全がおびやかされるなんてこと、絶対にあってはならない。

違いますか?

あえて言いますが、親が仕事をしたいとか国が待機児童をなくしたいとかそんなことは、子どもたちの身に何かあってからでは虚しく響くだけじゃないですかね。

何のための仕事なの、何のための待機児童解消なの。

まるで、本末転倒なことになってしまう。

もう一度書きますが、

待機児童をなくしたいがために幼稚園を活用するのはあり。

でも、幼稚園サイドに新制度への移行をうながすために、保育士配置に関する基準をゆるめるべきではありません

また続報を待ちたいと思います。TK-Mamaでした。

【関連記事】
2歳児を幼稚園に受け入れ検討 幼稚園と保護者が一斉非難のワケ
2020年幼稚園が無償化する? その内容と現実、問題点とは

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です