幼稚園の通園グッズ、手作りしないのは少数派?「作らない」自信を持つ

入園式の園児
スポンサーリンク

毎年の入園を控えたシーズン、幼稚園の通園グッズを手作りするか、しないかという問題、話題になりますよね。

幼稚園から手作り指定をされている場合はともかく、既製品でもどちらでもいい場合、どうすべきか悩む方も多いと思います。

なるべくなら既製品を購入したいけど、人目が気になる…という方もいるかもしれません。

通園グッズを手作りする派、しない派、それぞれのメリット、デメリットについて記事にしてみました。

 

幼稚園の通園グッズを手作りするメリット

・世界にひとつだけしかない“オリジナルのもの” が作れる
・ものを大切にする気持ちを育て、情操教育にもつながる
・必要なサイズに合わせて作ることができる
・子どもの好みにどんぴしゃで合わせられる(色、柄、キャラ等)
・「ママの手作り」は子どもにとって宝物
・子どもがママの作業を見て裁縫に興味を持つ

既製品はほかの子とかぶることがありますが、手作りは完全にオリジナルなので、子どもが自分のグッズを認識しやすいというメリットがあります。

また子どもの好きな色やキャラクターの生地を使って作ることができます。

さらに、ママが作ったものなので、大切にしたいという気持ちを育てることにもつながりますよね。

既製品では見つけにくいサイズのグッズは、手作りのほうがサイズを合わせられます。

私が意外にいいなと思ったのは、目の前で自分のグッズができあがっていく工程をつぶさに見ていることで、子どもが裁縫に興味を持ってくれたことです

針やミシンを使うのはもちろんまだ無理ですが、アップリケの位置を合わせたり、布の端を持ってもらったりとできる範囲で参加してもらうことによって、親子のすてきな時間になったのではないかと思います。

これは、男女関係なくそうでしたね(わが家は上が女の子、下が男の子)。

幼稚園の通園グッズを手作りすることによるデメリット

・時間と手間がかかる
・既製品に比べ、材料費が結局高くつく
・クオリティにかなりの個人差がある

手作りする場合、家にミシンが無ければ購入し、生地や材料を自分で用意するので、手間と時間がかかります。経験上、袋ものを全部作るにあたって手縫いは考えない方がいいです。時間がかかりすぎますし、洋裁のプロでもないかぎり仕上がりもよくないです。

また既製品に比べ、材料費は高くなることが多いです。ふだん裁縫しない人にとっては、難易度が高い通園グッズもあります。

本や手作りサイトには市販品が裸足で逃げ出すような可愛い&かっこいいグッズの作り方が載っていますが、苦手な人は、本当に基本的な、シンプルな形の袋ものしか作ることができなかったりしますよね。

しかも後々ほつれたり、破けたりして、メンテナンスが必要になる場合には修復不能という悲しい事態にも・・・。

幼稚園の通園グッズを手づくりしないことで得られるメリット

・時間や手間がかからない(その時間を家事や子どもと過ごすことに回せる)
・クオリティが一定レベル
・手作りに比べて安価ですむ

何かと忙しいママたち、さまざまな理由で手作りする時間がない!という人も多いと思います。

既製品を購入する一番のメリットは、時間や手間がかからないことです。

これはホント最大の利点ですよね。

いまや全家庭の半数以上が共働きをしている時代ですし、幼稚園の子どもがいる世代は兄弟姉妹がいればまだ小さいことも多いです。

いわば注力する必要がないと判断するポイントで手を抜いたところで誰が責められましょうか。

また既製品なので、クオリティが安定していることもメリットです。

上でも述べましたが、何種類もの布やアップリケを個別に買わずにすみますので、費用も手作りより安価で済みます(セミオーダーになる場合を除く)。

幼稚園の通園グッズを手作りしないことによるデメリット

・同じデザインでほかの子とかぶってしまう
・園指定のサイズに合わない
・なんとなく人目が気になる(笑)

既製品は同じデザインのものが売られているので、お友達とかぶってしまうこともあります。

スポンサーリンク

とくに、大型量販店で販売されている人気キャラクターの袋ものはどうしてもかぶってしまいがち。

アップリケをつけるなど、自分だけの印をつけてあげると良いかもしれませんが、どうしてもパッと見て同じ印象になりがちです。

また、園指定のサイズがある場合はどっちにしろセミオーダーになってしまいますので結局費用がかさむはめに。

最後の、「なんとなく人目が気になる」ケースについては、次の項で述べたいと思います。

幼稚園の通園グッズを手作りしない派は肩身が狭い?

毎年話題になるこの問題、手作り=愛情、という概念があることが原因かもしれません。

つまり、手作りしていないと、子どもに対する愛情が足りないのでは?と思われる気がして、人目が気になってしまうという人も多いようです。

でも、私の経験でも、本当に手作りしている人は半分くらい。

手作りでも手芸店や業者に発注したり、裁縫が得意なお友達や親に作ってもらっている人もいます。

もちろん、手作りせずに既製品を購入している人も多いです。

それぞれ、得手不得手がありますので、手作りが好きなママは、子どもの好みに合わせて作ってあげることも愛情表現、手作りしなくても、子どもの喜ぶものを選んで購入することも愛情表現のはずです

手作り=ママの愛情という概念は、ひと昔前は言われたかもしれませんが、今の時代には合わないものとして、肩身の狭い思いをする必要はないと思います。

はっきり言って、こんなことで論争になること自体がおかしいよと。

ほかの記事でもさんざん言ってますが、世の中にはいろんな家庭、いろんなパパ・ママ、いろんなお仕事があります。

言うまでもなく、子どもと過ごす時間>>>>(超えられないカベ)>>>>手作りグッズを作る時間ですよね。

家庭や個人の考え方で好きにしたらいい話。もちろん、幼稚園によっては手作りを強要するところも結構ありますので、作らない派はそういうところを選ばないか、選んでも外注すればいいだけの話です。

自分のため、ひいては子どものために、手作りグッズを「作らない」自信を持ちましょう

ちなみに、自営業である程度時間の融通はききますので、私は「できるだけ手作り」派。

理由は、ほとんど親の自己満足(笑)で、少しでも母親(私)の気持ちが入ったもの持ち歩くことで、子どもに楽しく安全な園生活を送ってもらえる手助けになるんじゃないかという願かけのようなものです(おかげさまで、いまのところ願かけは効いているようです)。

でもこれ案外、子どもはそこまでママの手作りにこだわっているわけじゃないんだろうな~と思うときがたまに、あります。

確かに出来上がったときは嬉しそうなんですが、「○○ちゃんはプリキュアの○○を持ってた」なんて言われることもよくありますから。切ない・・・。

上でも述べたとおり、結局は自分の可愛い子どもに、自分が苦労して仕上げた手作りの品を持っていてもらいたいという親の満足心なんですよね。

それももちろん大事なのですが、必須なのかというと、どうでしょう。

いっそのこと、全園でいっせいに手作り袋ものの強制・半強制をやめたら幸せになるママが増えると思いますね。

正直、幼稚園は「母親・母親」言い過ぎじゃないですか?(^^;)

これだけ効率化した世の中で保育グッズだけ手作り強制・半強制なんて錯誤もはなはだしいのではなかろうか・・・なんて。

ま、グッズを手作りしちゃうお裁縫好きのパパもいらっしゃいますけどね!

まとめ

幼稚園の通園グッズ、手作りする派、手作りしない派、どちらにもメリットとデメリットがあることが分かりました。

それぞれを理解したうえで、ご自分に合ったほうを選んで良いのではないでしょうか。

また、お弁当やランチョンマットは既製品を購入して、絵本袋やピアニカ入れなど、園の指定サイズがあるものだけ手作りするという方法もあります

入園に向けて子どももソワソワしている時期です。子どもの様子に目配りできるココロの余裕を持ちつつ、無理なく準備を進めたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です