幼稚園の遠足のお弁当を考える 冷えても美味しいお弁当の条件とは?

樹木と遠足のリュック
スポンサーリンク

幼稚園のイベント事ではお弁当が必須なイベントがいくつかありますが、その代表的なものといえば年に数度ある「遠足」。

特別な遠足だからこそ、いろいろ凝ったものを作ってあげたい派のママさんも少なくありませんが、最近ではキャラ弁禁止の幼稚園なども。

一方で、朝お弁当を作るのがむずかしいママさんもいて、お弁当作りに悩んだりしていませんか? 私TK-Mamaも完全にそっち。

今日は、そもそも幼稚園のお弁当ってどんなものが喜ばれるのか? キャラ弁はOK?

または、キャラ弁を作れないママが、お弁当をちょっとだけ可愛くするには?

どんな食材にしたら冷めても美味しく食べてもらえるのか?

そのへんについて、ちょっと調べてみました。

幼稚園の遠足弁当は準備も大変!保護者の悲喜こもごも

幼稚園の遠足は、レジャーシートや服装などの他の準備もしなくてはいけないので、お弁当作りは大変です。

わかります(笑)今年は雨が多かったから予備日が大量発生してしまい、うちでも何度もお弁当を作っては空振りしましたね。ここまで延期になる年もめずらしいです。

冷食を使うママ、きちんと目に手作りするママ。いろいろある幼稚園のルール。いずれにしてもママは大変です。

幼稚園の遠足弁当に凝ったキャラ弁は禁止なの?

遠足のお弁当、たとえばうちの2人の子どもたちの幼稚園は「できればキャラ弁は控えてください」というスタンス。

その理由は、やっぱり、キャラ弁をOKにしてしまうと、頑張りすぎるママさんと頑張る時間がとれない(あるいは私のようにやる気がない・笑)ママに分かれてしまうから。普通弁当の子たちは、やっぱりキラキラしたキャラ弁を見ると羨ましがるからということです。

私はお弁当については本当に不器用で、正直普通以下のお弁当しか作れていない妙な自信があるのですが(タコさんウィンナーで失敗するレベルといえばおわかりいただけるでしょうか)、やっぱり遠足のお弁当くらい、ちょっとくらい、可愛くしたい。

なので、キャラクターとまでいかない簡単な小物やおかずを作ってみたりはします。

お弁当を少し可愛くする小細工1:アンパンマンなどのアルミホイル

お弁当箱は好きなキャラクターの物が使えますが、キャラ弁が禁止ならばキャラクター柄のアルミホイルや仕切りにも使えるカップなどもたくさん発売されています。

例えばですが、カレー味のふりかけを使っておにぎりを包むアルミホイルをアンパンマンのものにすれば「アンパンマンだけどカレーパンマンの味だ!」と喜ばれます。

↓こういうアルミホイルが売ってます。柄の区切りのところでカットしておにぎりをくるんだりするのに便利です。

お弁当を少し可愛くする小細工2:ヘビロテ必至のちくわ鳥

また、お弁当箱の余ったスペース用に入れるおかずとして「ちくわ」を2~2.5cm程に切ります。穴にコーンを2つぶ、芯側を下にして穴に押し込みます。

するとなんだかくちばしに見えてきますよね?

あとはくちばしに見立てて、ゴマを目にして完成。

↓こんな感じ
ちくわ鳥の写真
出典:https://cookpad.com/recipe/3329557

あっという間にひよこさんが出来上がります。レシピ主さんに感謝です。

これならお弁当のスペーサーとしても使えて、キャラ弁というほど凝ってもいないのでタコさんやカニさん(もどき)のウインナーなどと一緒に入れると喜ばれます。動物園っぽくね!

お弁当を少し可愛くする小細工3:刺せそうなものには可愛いピックを刺す

TK-Mamaは「ピックを刺せそう」と見るやいなや、とりあえず可愛いピックを刺します。

旦那に「危ないピックオタクなの?」と邪推されるくらいに、どこに買い物にいってもとりあえずお弁当コーナーで可愛いピックを探す。

可愛いピックがお弁当箱の中に一つ覗いているだけで、何であんなに可愛く見えるんでしょうね? 魔法?

ピックを刺す対象は主に、

・ミニトマト
・ミートボール(チルド)
・枝豆(冷凍)

この3つです。

百均にも可愛いピックがたくさん売ってます。JRオタの息子には乗物系、娘には動物さんやハート・葉っぱのピックなど。

↓こんなのおすすめ

お弁当に1つはピック作戦、ぜひ試してみてくださいね。

幼稚園の遠足の朝はどうしても忙しい!冷凍食品の何が悪い

遠足当日のお弁当作りは早起きしなくてはいけないし、ご主人の朝支度のお手伝いをしたりもありますよね。

そんな時はぜんぜん時短お弁当でいきましょう! 冷凍食品を毛嫌いするママさんもいますが、最近の冷食は昔と違って自然志向だし、ママ世代が子どもだったころに比べて美味しいですよ。

冷凍食品なら自然解凍OKでお子さん向けにカルシウムなどを強化したグラタンなども売られています。

手作り派だけど、時短したいママさんには・・・

冷凍食品は嫌だけど、お弁当にかける時間は最小限ですませたいというママには、電子レンジのみでできる簡単なお料理がオススメです。

溶き卵を軽くチンしてチーズやハムを入れてまた軽くチンするだけのオムレツなどとても簡単なレシピが数多くあり、10分あれば3品出来てしまう料理もあります。

↓TK-Mamaのおすすめはこちら。ジャガイモの超簡単グラタン&超簡単ハムエッグ

https://cookpad.com/recipe/3755038

https://cookpad.com/recipe/3084804

幼稚園の遠足の「美味しい」お弁当の条件とは?

上記に挙げたようなちょっとした可愛い仕掛けや、冷食&時短メニューもいいのですが、そもそも遠足で美味しく食べられるお弁当の条件って何なのでしょうね。

遠足って、お弁当を食べるのはだいたい屋外ですよね。お弁当は当然冷えています。保温ジャーなんてものも世間にはありますが、幼稚園の遠足では現実的ではありません。温かいご飯を食べさせてあげることはできない。

冷食の雄、ニチレイフーズのポータルサイトでこんなアンケートがありました。

【アンケート】あなたが気になる「冷めているお弁当」の悩みは?

料理講師に聞く!明日からできる、冷めても美味しいお弁当をつくる5つのテクニック

堂々の1位、何だと思います?

それは・・・56%の回答者が、「お肉の脂が固まってしまうこと」と答えたのです。

外で生姜焼き弁当を食べると、豚肉の脂の部分が白く固まってネットリしてしまいますね。ハンバーグだったら、肉の脂と焼いた時の油がいっしょくたに固まって白くなります。

この脂を何とかするだけで、お弁当ってだいぶ美味しくなります。

そのためには、「脂の少ない部位を使う・肉から脂をできるだけ落とす」ことで対応することが可能なんです。

脂の少ない肉の部位とは

牛ヒレ、豚ヒレ、豚ロース、鶏ささみ、鶏むね

このあたりが、脂が少ない部位になります。

唐揚げを作るなら胸肉の方がお弁当にふさわしいし、トンカツにはヒレがいいってことですね。

まとめ

いかがでしょうか?
料理苦手のTK-Mamaが幼稚園の遠足のお弁当のコツをもう一度まとめてみます。

・キャラ弁が無理でも、ちょっとした工夫でお弁当は少し可愛くなる
・必要とあらば冷食をばんばん使おう
・時短メニューを駆使して遠足弁当を乗り切る
・遠足弁当の最大の敵である脂身を取り除くとお弁当ランクがアップする

お弁当は遠足というイベントの中でもお子さんがとても楽しみにする時間の1つだと思います。
様々な工夫で、笑顔と空っぽのお弁当箱が帰ってきてくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です