幼稚園補助金とふるさと納税 わが家の交付金額が8万円以上アップ!

計算している女性
スポンサーリンク

TK-Mamaです、こんにちは!

この記事では、読者さんによってはかなりおトクになるかもしれない幼稚園補助金の裏ワザ情報をご紹介します。

簡単にまとめると、去年ふるさと納税を頑張って納めてたら、市民税の所得税割が減って幼稚園の補助金が合計8万円以上アップしたよ~という話です。

※ここでいう補助金とは、「私立幼稚園就園奨励費補助金」のことです。同補助金につきましては、こちらの記事で詳しくまとめてありますので併せてご覧ください↓

電卓とお札

幼稚園の補助金といえば? 「私立幼稚園就園奨励費補助金」を知ろう

2017年12月8日

ふるさと納税って何だっけ?

さて、TK-Mamaの周りのママに訊ねても、ふるさと納税について詳しく知っている方は意外なほど少なかったので、ここで一度まとめてみますね。

いわゆる「知ったもの勝ち」なお得な制度ですので、ぜひココでおさらいしてみてください。

ふるさと納税っていうのは、納税とありますが、正確には、お住まいの市町村以外の自治体への「寄付金」です。

それも、ただの寄付金ではなく、ふるさと納税するとあなたの住民税からその金額(ふるさと納税額から2,000円を差し引いた金額)が控除されるという仕組みです。

普段、お住まいの地方自治体に住民税を納めていますよね。

でも遠隔地のI市を応援したい!という目的で、たとえば4万円寄付するとします。

すると、40,000円-2,000円、つまり38,000円があなたの住民税から控除されます。38,000円をほかの地方自治体に納税してるようなものですね。

もちろん、住民税を全額よその自治体に持って行かれたらたまりませんので、所得に応じた寄付制限があります。

しかも、おまけ(お礼という位置づけ)で各地方自治体の特産品・名産品がいただけるんです~♪

とってもお得なこの制度、TK-Mama宅では去年もがっつり活用していたのですが、思わぬ副産物まで発生することになったんです。

ふるさと納税についての詳細は、総務省のサイトをご覧ください↓

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

ふるさと納税の嬉しい副産物。幼稚園の補助金が8万円以上もアップした!

12月中旬に、わが市川市から届いた「私立幼稚園就園奨励費補助金」の交付決定通知書を見ると・・・

何と、提出した時に計算した額よりも8万円以上多いではありませんか

嬉しいサプライズだったのですが、夫と「??」となり、額を付き合わせて話し合った結果、どうやら去年のふるさと納税が効いていることに気づいたのです。

この補助金が多いか少ないかっていうのは、去年の市民税(住民税の6割)から算出される所得税割というもので決まります。

ちなみに、ふるさと納税は寄付金控除にあたり、控除になった残額が、確定申告で住民税から控除されるのです。

例として、10,000円のウチ2,000円が所得税から控除されたとしますよね。すると、残りの8,000円が住民税から税額控除になります。

住民税率は一律で10%です。ので、10,000円ふるさと納税すると、何と見かけで所得が8万円減るのと同じことになるんですね。

(あれ?合ってるよね?ふるさと納税の計算ややこしい・汗)

まあ、要は、うちは去年ふるさと納税を制限ぎりぎりまで行ったので、いい感じに所得の区分が下方に変更されて、補助金額がぐんとアップしたという仕組みです。

いかがでしょう?

意図していなかったふるさと納税の副産物ではありますが、年間8万円アップは大きい!

所得区分がけっこうボーダーに近い方は、ふるさと納税を頑張ると来年度の幼稚園補助金がアップするかもしれません。かなり裏ワザに近いものがありますが、もちろん違法な行いではありませんし。

私立幼稚園にお通いの方は、ぜひ、お宅ではどうなるのか、一度計算なさってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です