幼稚園のバレンタインデーとは? 貰う側もあげる側も悩むのは親だった

バレンタインと女の子
スポンサーリンク

2月14日はバレンタインデー。

甘酸っぱい気持ちに満ちた恋愛時代、新婚時代をとっくに引退した私たち幼稚園ママ(パパ)にはあまり関係のない記念日かもしれませんね。

でも我らが幼稚園児たちはバレンタインデーを認識しているし、ミニイベントの一つになっている幼稚園も多いです。

そしてそして親とお友だちの男の子とその親(笑)を巻き込んで、悲喜こもごもの光景が見られる阿鼻叫喚の日でもあります!

「幼稚園ではバレンタインデーに何かするの?」
「幼稚園のお友だちに娘がチョコをあげたいと言っている! いくらくらいの、どんなチョコをあげたらいい?」
「手作りチョコは避けるべき?」
「全員同じチョコでいいの? 幼稚園児に本命とか義理とかあるの?」
「お友だちにチョコはいつ渡すの? 幼稚園に持っていっていい?」

親として疑問はつきないですが、はい、ぜんぶTK-Mamaがお答えします!(笑)
(娘、息子がいますので、あげた経験も貰った経験もあり)

この記事では、謎が謎を呼ぶ幼稚園のバレンタインデーについて迫っていきますよ♪

幼稚園のイベントとしてのバレンタインデー

私の周りの幼稚園ママたちに聞くところでは、幼稚園で行事としてバレンタインデーを行っているところはあまりないようです。

つまり、豆まきやクリスマスなどと同じようにたくさん準備したり、特別な会をするよという幼稚園はほとんど聞きません。

でも、その日だけで出来る簡単な工作をしたり、パパにあげるカードを作ったりする場合は多いみたいですね。年中行事とまではいきませんが、ミニイベントという感じでしょうか。

「女性が男性にチョコレートをあげる日」という構図がすっかり定着している日本ですが、幼稚園でバレンタインデーを扱う場合には、少しようすが違うようです。

幼稚園のバレンタインデーは「ありがとうの日」?

じゃあ、幼稚園ではバレンタインデーについて、子どもたちにどうやって説明しているんでしょう。

幼稚園のバレンタインデー・イベントでは、さすがに「女の子が男の子にチョコをあげる日」とは教えないようです^^; そりゃそうか、ちょっと視野が狭いし商業的すぎますよね。

うちの子たちが通う幼稚園では、こんなふうに教えてくれているみたいです。

バレンタインデーは、好きな人に「いつもありがとう」って伝える日なんだよ。

パパ、ママ、お友だち、おじいちゃん、おばあちゃん。みんなにも、い~っぱい、大好きな人がいるよね。

バレンタインデーは、大好きな人たちに自分の気持ちを伝える日なの。

みんなだって、だれかに好きって言ってもらえると、心があったかくなるよね。だから、みんなも、いつも思っている「好き」を大切な人に伝えてね。

さあ、今日はいっぱい、大切な人たちに「好き」って言おう♪

娘に聞いたところによると、多分こんな感じ。
なので、年少さん、年中さんのバレンタインデーでは娘は帰宅するなり、私にぎゅーっと抱きついて「だーいしゅき!」の大盤振る舞いでしたww

(悲しいかな、パパが帰宅するころにはすでに忘れている……)

うちの子たちの幼稚園ではバレンタインの工作もします。毎年、雰囲気こんな感じの可愛い袋を作ってきてくれるんです。

多分、この中に小さなチョコでも入れてパパにあげてね~って感じなのかな。
(もう一度言うが、パパが帰ってくるころには娘はバレンタインそのものを忘れ去っている…)

幼稚園で「好きな子に告白する日」「好きな子にチョコをあげる日」なんて言わないのが普通だと思いますので、幼稚園のバレンタインデーはこんなふうにアッサリしている園が多いんじゃないでしょうか。

むしろ幼稚園児のバレンタインデーは降園からが本番なわけで(白目)

TK-Mama
★TK-Mamaの豆知識★

バレンタインデーの起源は、何と古代ローマにまで遡るらしいです。びっくり!
何でも、古代ローマの兵士は、妻を持つと戦地におもむくモチベーションが下がって士気に関わるということで、婚姻を禁じられた時期があったそうです。クラウディウス2世という皇帝の時代ね。

これを哀れに思ったキリスト教の司祭【ウァレンティヌス】が、こっそり兵士たちに婚姻の挙式を行ってあげていたそう。
それを知った皇帝は激怒してウァレンティヌスにやめるよう命令するも、信念を持つウァレンティヌスは屈せずにさらなる皇帝の怒りを買い、ついに処刑されます。

そう、ウァレンティヌスが処刑されたその日が、2月14日なのです。

だから「恋人たちの日」なんだね~。そりゃチョコ関係ないわ(笑)

スポンサーリンク

幼稚園のバレンタインデー、本番は降園後

割合アッサリと終わることが多い幼稚園のバレンタインイベントですが、降園後は様相が一変しますよ奥さん。

幼稚園ガールたちは、ぽやぽやの年少さんでも同年代の男の子よりずっとマセてるんですよね。

ということで、バレンタインはいかなる日かをすでにがっちり予習していて、ママと手作り&好きな男の子にあげちゃうイベントが降園後に大発生するんやで…。イナゴの群れのようにね…。

そんな幼稚園児たちのリアル・バレンタイン(本番)についての保護者の声をピックアップしてみました。

「うちの子のバレンタインチョコ」に神経を遣う親たちの声

見よ、この現実…!

もはや「バレンタインはありがとうの日」という尊い幼稚園の教えが砂上の蜃気楼のようだ…。

いやあ、でも見てるとホッコリしますね^^ 女の子はやっぱりおマセさんだなあ。

でもね、このチョコのやりとりってやつが悪魔なんですよ(うわあ言った)。恐怖のバレンタインとまでいわしめる、茶色いアレだよ。

親が色々気をつかうのが困っちゃうんですよ。特に私みたいな、コミュニケーションが得意ってわけもない親がね。

バレンタインが親に課す6つの神経戦

じゃあ、どんな風に親がバレンタインで気をつかうかって? どんと教えちゃいます。

問題1.【本命・義理】チョコに格差をつけるのはタブー

まずこれね。うちの子もそうですが、幼稚園児の女の子にだって本命彼と義理彼がいます(断言)

「ん~●●くんはね、ちょっと好き…面白いから…。え? ○○くんは……だいしゅき、カッコいいから(目がハート)」

くらいのことは平気で言いますからね(実話・世界残酷物語)。

娘としては、本命くんの方に豪華なwチョコレートをあげたいのかもしれませんが、これ、ママが何が何でも避けなければならない地雷です。

いいこともいっぱいあるのですが、基本的にママ友の世界は「壁に耳あり障子に目あり」で、噂話と嫉妬がうずまく地雷原でもあります。

自分の体験として、チョコをあげる相手に本命と義理がいるのは理解できても、自分の息子が貰ったチョコよりずっと豪華なチョコを、同じ日によその子にあげていた…となったら、いい気分はしないのが人の情。

チョコに格差をつけると、高確率でママ友の輪に筒抜けであることを知っておきましょう。いくら娘の本命くんや、仲のいいママ友のお子さん宛てに色をつけたくても、やめておいた方が無難です。

チョコ格差をつけてしまったせいで、何となく気まずくなった例は実際にあります。。正直、馬鹿らしいです。。

問題2.じゃあいくら位のチョコにあげるのか?

格差はなくすにしても、今度は、じゃあ何円くらいチョコに使えばいいのかという話ですね。

手作りなら、型などが自前であれば、かかる費用は(カカオ直輸入とかしないかぎりw)数百円~でたくさん作ることができますが、市販品を購入するなら、いくら位のものを買えばいいのでしょう?

諸説あるのですが、色んなママ友たちの話をとりまとめると、

TK-Mama
神田うのじゃないんだから、そんなの高くても数百円まででしょ~
(高いのもらったらお返しが困るわい)

という説が優勢です。突然駆り出された神田うのwww

やっぱり、3月15日がやってきますからねホワイトデー。お返しする側のことも考えてお贈りするのが、ママ友界の常識です。

スーパーで売っている、男の子が好きそうなキャラクターもののチョコスナックがあるでしょ。ああいうのを、ちょっと可愛いラッピングでデコしたりして、渡すだけで、特別感があるものです。

ましてや手作りの場合ならプライスレスですよね(実際の制作費は安いけど)。

ずばり値段を言いますと、幼稚園児なので100~300円くらいで十分です。それ以上はあげる方ももらう方も気をつかいます。大勢にあげるなら、なおさら。

問題3.そもそも手作りは歓迎されるのかという話

バレンタインデーは2月14日ですよね。カレンダーの関係で当日にはあげられない場合があるとしても、だいたいチョコをあげるのはその前後になります。

2月といえば、幼稚園中で流行っているものがあります…それは、インフルエンザ。

インフルエンザだけじゃない。ノロウィルスだって、RSウィルスだって。初春の幼稚園は感染症のたまり場といっても過言ではありません。毎週だれかはお友だちが休んでいますものねえ。

そんな最中に、「幼稚園児が素手でベタベタさわった(と思われる)」手作りチョコをありがたがるかという話ですよ。

TK-Mamaとしては、「別に毒じゃあるまいし」と気になりませんし、貰って嬉しいですけれど(実際、息子が今年すでにもう数個もらっています)

気になるママは絶対いますよね。焼き菓子ならまだしも、それが半生フォンダンショコラとかだったらどうよ。。

渡す側の時はやっぱり親として気をつかってしまいます。

こういう理由で、じつは私は手作りはしない派。娘と手作りチョコを作る相手は、パパだけと決めているのでした。

気をつかって受け取っていただいても、じつは食べられていなかったら悲しいし…。

問題4.アレルギーに要注意

チョコレートアレルギーは聞いたことがないのですが、アレルギー持ちのお子さんでもよくあるのはナッツ類のアレルギーですよね。

しかも重篤なアレルギー持ちというお子さんも少なくありません。

ただのソリッドなチョコレートだったらいいのですが、子どもが好みそうなチョコレート菓子にはけっこうナッツ類(アーモンド、マカデミアナッツなど)が入っていることがあります。

私の経験ですが、娘があげたいと言っている男の子の親御さんには、私は事前にその子がアレルギーがあるかないかを確認させてもらいます。

もしアレルギーがあって、ナッツ成分の入っているチョコレートをあげたら大変なことになりますから。転ばぬ先の杖というやつです。

何も考えずにナッツ入りチョコを渡すよりかは、事前にリサーチしたり、あるいはナッツ成分を含まないチョコを作る/購入する方が絶対にいいですよ。相手の親の立場にたってみれば。

問題5.チョコはいつ渡す? 幼稚園のルールに従うこと

幼稚園によっては、お弁当以外のおやつや食べ物は持ち込み禁止の園があります。というより、そういった幼稚園の方が多いのではないでしょうか。

うちの子たちの幼稚園では、バレンタインデーのチョコといえど、おやつの持ち込みは禁止されています(先生にも確認してみたのですが、禁止にさせてもらっているということでした)。

つまり幼稚園で子ども同士でチョコレートを渡すことはできない場合が多いです。それに、実際子どもから子どもへ単独でチョコを渡させるのは、私はちょっと不安ですね。

何といっても口に入れるものなので…^^;

ですので、幼稚園児が好きな子にチョコを渡すのは、必然的に降園後になります。

親の送迎がある幼稚園では、お迎え後に、親同士で集まって渡すということになります。バス通園であれば、降園後バスを降りてから。そのまま、ママ友会にもつれこむパターンも多いですよ。

または、仲がいいママ友のお子さんにあげるなら、バレンタインデー前の休日に、少し早めに家にでも集まって小さな会を開いてそこであげるというパターンもよく聞きます。

問題6.チョコを「みんなに配る」のは迷惑なのか

先ほど引用させてもらったTwitterでもちらほら見かけましたが、義理チョコなのか大勢の男の子に配る!というご家庭もけっこう見かけられます。

わかります、子ども当人はお祭り気分なので、たくさんのチョコをお気に入りのグッドルッキングガイ(笑)にあげたいんですよねえ。

でも、これも親としては考え物かなあ、なんて。あげる側はいいんですけどね~(親は大変だけど)。

もらう側としては、明らかに全員宛の義理チョコをもらって(人によっては「押しつけられて」と感じるかもしれない)、それでホワイトデーにお返しかよ~と考えるとモヤッとしてもおかしくないです。

会社の義理チョコローラー作戦といっしょですよ。何杯返しだよコレ…みたいな。実は男も義理チョコめんどくせえな!と思ってるけど言えないみたいな。

ママ友の輪で、それが許される雰囲気だと、またそれを喜んでくれる相手だといいのかもしれませんが、ローラー作戦は相手をよく考えた方がいいかもしれません。

今のところ、TK-Mamaはあげる側の時ももらう側の時も、わりと少人数な感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。幼稚園ガールを抱える「あげる側」の親の苦労が少しわかっていただけたかと思います。

幼稚園の保護者と一口に言っても、いろんな方がいますし、お子さんも色んな子がいますので、やっぱりあげる相手の身になって考えることが必要ですよね。

どんな贈り物をする時でも、それは同じですが…。

ではまとめちゃいましょう!

幼稚園(児)のバレンタインまとめ
・幼稚園のイベントとしてのバレンタインデーはあっさり
・幼稚園児のバレンタインデーは降園してからが決戦
・親はかなりチョコ合戦に気をつかう
・あげるチョコに格差をつけるとママ友界でトラブルの素
・高くても数百円のチョコで十分説
・手作り品の可否はもらう立場になって考える
・アレルギーには気をつける
・チョコの受け渡しは幼稚園の持ち込みルールに従って
・大勢にあげる必要があるのかどうかも考える

全国のママのみなさん、お子さんと良きバレンタインデーを(ハート)
TK-Mamaでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です